本日も東西南北☆縦走中


by rioka2929
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

グリーン。

5月のRiko's Kitchenもお魚尽くし。
旬の初鰹のたたきとサーモンの押し寿司。バリエーションで、手毬寿司も。(可愛い☆)
新鮮なお魚の見分け方も押し寿司のポイントも、どちらも大切なのは、端と角。
先端まで意識を向ける重要性は、全てに通じる事柄かと・・・。仕上がりの美しさにうっとり。
美意識の高さが伺われます。
b0168142_215018100.jpg

今月のテーマカラーは、緑なのかな、と内心。
先生のお洋服も緑色のワンピース。
お花はガラスのコップに小分けにして活け、1つにまとめても、1列に並べても、どちらも素敵。
b0168142_21545159.jpg

[PR]
by rioka2929 | 2011-05-29 21:55 | 脳細胞活性化プロジェクト
新大久保で、行きたいと思っているお店。
” teji tokyo”。
今回、選ばなかった理由は、”綺麗そうだから”
もう少し、大衆的な雰囲気が希望かな、と思って。でも、お値段的にも、メニューの内容も
良さそうなので、1度は行きたいなぁ。
1度、お会いしたことのあるコリアン・フード・コラムニストの八田靖史さんも、ブログで
お勧めされているので、うん。やっぱり気になる♪
[PR]
by rioka2929 | 2011-05-28 22:14 | 楽しい宴。~お外編~
久し振りのTZとのお夕食。
事前の希望は、「新大久保、コリアンタウン」。
私の韓流熱は知らないはずなので、テレビか雑誌を見て、興味をもった模様・・・。
メールにも、「テレビで見るような韓国居酒屋、焼肉屋で、活気があるところに行きたい」と書かれて
いたので。

出発地点は、東新宿駅。多くの人には、馴染みがないであろう大江戸線の駅。
出口には、タリーズコーヒーがあるので、待ち合わせに便利。
場所的には、繁華街の端にあり、反対側の端は、新大久保駅。帰りは、JRの駅で解散出来るように
歩いていけば、だいたいの場所は見られるので、お勧めのコース。

まず、最初に向かった先は、赤札堂の2階にあるタイ食材店。韓国とは関係ないけれど、ここは
ぜひ、見てもらいたい場所。大きなビルの2階の奥にひっそりとありながら、その品揃えには目を
見張るものがある。外に看板はあるけれど、知らなければ、絶対に行かないようなところ。
以前はなかった隣の食堂や、不思議な語学校、など、夜の新大久保の世界に一気に入り込める
雰囲気に溢れている。

そして、お夕食。老舗の人気店「松屋」へ。
ズッキーニと椎茸の天麩羅や、キムチの盛り合わせ、チャプチェを戴き、カムジャタン。
焼肉ではなかったけれど、充分、韓国料理と活気を堪能。
まだまだ夜はこれからと、もう1つのご希望、マッコリを叶えるべく ”MACCOLI BAR”へ。
道中、韓国広場や南大門市場を覗くのも楽しい♪
本当は、ドンキホーテの独特の雰囲気も見てほしかったけれど、時間の関係上、これは省略。
”MACCOLI BAR”は、ピカピカにお洒落でないぶん、入りやすく、入れ替わり立ち代り、お客様が
途切れない人気店だった。
まずは、シンプルにグラスで乾杯。その後、お勧めの生フルーツマッコリに挑戦。季節のメロン。
100%果肉とマッコリだけではなく、メロンのシロップと炭酸が入っていたようだけれど、これが
とっても美味しいかった。アルコール度数が低いので、ピッチャーがあっという間に空になって
しまったほど。
ほろ酔い気分でお店を出て、帰りは、ドンキホーテの脇の小道を歩く。とても活気がある場所。
なぜか18時から夜中の2時が診療時間の内科・外科があったり、韓流ヘアスタイルにしてくれる
という昭和初期のような美容院があったり、絶対に日本人は入れない・・・と思わせる韓国料理屋
さんがあったり、不思議です。
新大久保駅の側には、ソウル市場もあり、最後まで楽しめるワンダーランド☆新大久保。
節電の関係か、全体的にはネオンが抑えられていた印象だけれど、元気な街だった。
[PR]
by rioka2929 | 2011-05-28 22:01 | Holiday☆旅行記☆

ラボ・・・。

b0168142_2113798.jpg買ってはみたものの、いまいち使い方が
分からない・・・使いこなせない道具。
親子丼用のお鍋。
丼の上にきれいに移せないのはなぜ。の
疑問を解消する機会に恵まれたお昼ごはん。
”半どん”のカウンター。
ランチは、各種丼物
(親子丼、カツどん、海老カツどん等)のお店。
この日は、カツどんの人気が高かったようで・・・
①お鍋に出し汁を入れ
②スライスした玉葱(生)と切ったとんかつを入れ、
温めたら
③溶きほぐした卵を加えて、蓋をして
④最後に三つ葉。
⑤左手に丼を水平に持ち、右手にお鍋。
⑥向こうから手前に、少しずつお鍋を揺らしながら、
するっと具を載せる。

至って普通なのに・・・
私が違うのは、多分、煮汁の量。
少なくて、その割りに具が多いので、お鍋の底にくっ付いてしまう、に違いない。

さて、カツどん。お肉の美味しさが、うーん・・・な感じ・・・近隣のとんかつ専門店と比べては
いけませんが。
そうそう、お肉にお塩をしていますか。という感じでもあり。塩分取りすぎになる・・・?
とん汁は、煮込みました!という、家庭で翌日戴くもののようで。
と、書くと、批判しているようだけれど、男性に圧倒的に人気なのも分かる、分かる。
常連さんばかりのようで、やっぱりこういうの、好きだよねー。男性は・・・
[PR]
by rioka2929 | 2011-05-28 21:03 | 通勤特快808★横浜通信★
今年に入り、2回ともキャンセルにより行けなかった宝塚劇場へ。今年初。
月組の「バラの国の王子」(美女と野獣)を観劇。
どの組もどの作品も1つ1つの演出に個性があり、飽きるどころか、ますますその素晴らしさを
実感。
静と動、光と影、カラフルさとモノトーンといった対比が、今回の舞台では鮮明に感じられた。
野獣に姿を変えられてしまった王子様の苦悩とベルの可憐さも際立ち、宝塚の魅力を再認識
した作品だった。(全員の笑顔がまたいいの・・・)
現在、発売中の「ミセス」にちょうど霧矢大夢さんのインタビューと簡単な宝塚歌劇団の歴史と
紹介がされていて、あわせて読むとさらに興味深い。女性だけの集団ではあるけれど、
プロフェッショナルな高い意識と厳しい練習に裏打ちされたものであることがよく分かる。

観劇のあとは、楽しいランチ♪
お隣のペニンシュラのアフタヌーンティーへ・・・と思ったところ、いまだにすごい人気らしい。
開始時刻まで20分以上あるというのに、既に待つ人の列が階段の上まで続いている。
(女性ばかり・・・)
並ぶことなく諦め、”Peter”へ。こちらもびっくり。ほぼ女性。
女子大のカフェテリアみたい。(年齢的には、全員大きく外れていましたが・・・)
お料理は、う~ん・・・どうだろう。可も無く不可も無く。たぶん、もう行かない。

帰りは、三越に寄り、お夕食の調達。
母も私も夕食を作る時間がなく、お弁当で簡単に済ませる。「弁松」
外食続きの週末。たまにはこんな時もある・・・

追記:なんと!
殆ど気まぐれで立ち寄ったシャネルのカウンターで、欲しかった”ROSE PLATINE”をゲット。
再入荷したらしく、私が最後の1本を購入し、再び、SOLD OUT。嬉しい☆
b0168142_2219378.jpgb0168142_22202977.jpg
[PR]
by rioka2929 | 2011-05-22 22:22 | 脳細胞活性化プロジェクト
今週末は、震災により延期していたお寺でお経をあげていただくことと、春の家族のお食事会を
同日に行うことに。
お寺の場所を考慮し、お食事会は、中華街。事前に姉から、週末は混むから予約を・・・と言われて
いたものの、お経と車での移動時間がよく分からなかったため、何もせず。お店もいっぱいあるので
どこかには入れるだろうと、楽観視。
結局、道が空いていたため、12時には中華街に到着。ちょうどお昼時。
車を駐車場に入れた時点で、「聘珍樓」にお電話。姉の忠告通り、ものすごく混んでいるらしい。
それでも、確認していただき、席があるとのことで、お店に向かう。入り口はすごい人・・・
予約が無い方は、お待ちになります、と言われている横をすり抜け、お席まで案内される。
幸運なことに、上階の静かな個室。
例え直前であっても、お電話をするか、しないか、でここまで対応が違うのかと、思ってしまった。
私のお気に入りは、「華正楼」だけれど、「聘珍樓」は、やっぱり中華街の雄と実感。
サービス、調度、ちょっと濃い目のお味、鮑やフカヒレといった分かりやすい食材、全てが、皆が
納得するものばかり。両親も喜んでくれたので、良かった。

中華街の駐車場のお勧めは、その名もずばり「中華街パーキング」。立地よし。止めやすく、
広いので満車の確率は低めで、「華正楼」でも「聘珍樓」でも無料券をいただけたので。
どちらのお店からも1分も掛からない場所。
[PR]
by rioka2929 | 2011-05-22 21:56 | 通勤特快808★横浜通信★

平等。

入社年次は違うけれど、同い年のため、何かとお話仲間のDくんから、ある日、
「相談事が・・・」という1通のメールが。ある女性にプレゼントを贈りたいので、私のお気に入りの
お店を教えて欲しいと。
相手の方の年齢、ご趣味、予算、目的、何も分からず聞かれても困る。と言っても、教えて、の
一点張り。その時にふと思いついたのが、帝国ホテルプラザの4階(の雰囲気)。
” MAAM ”や” YvesDelorme ”をイメージして。
素直に行った彼。そして、ふかふかの最高級のバスローブを贈ったのだとか。
それが功を奏したのかどうか、彼が通っていた夜のお店のおねえさまと目出度くゴールイン。とは、
後から聞いたお話。
私は、しばし絶句。理由は、相談相手が違うでしょ!
容姿も性格も雰囲気も・・・夜のお仕事の方とは180度、真反対の地味な私になぜ聞くかな、
私がその立場だったら、絶対に私には相談しないと思うから。
彼曰く、30代女性の好みを知りたかったら。・・・共通点は、30代/女性。それだけ・・・?
知らないけれど、お客さんの立場である男性が、六本木の女性と結婚できるなんて、相当確率が
低いこと・・・?
ならば、意外と構えずに、普通の女性として接したことが成功の鍵だったのかも。
(私と同格で、申し訳ないですが。)
まあ、彼自身、ユニークで魅力がある。ということも書いておこう。
[PR]
by rioka2929 | 2011-05-16 21:15 | 日々。徒然。出来事。気持ち。

縁起の良い場所。

日曜日の午後は出来る限りヨガと、そして最近はピラティスのクラスに参加するように
予定を管理している。その後、走って、(ここ数週間はサボリ気味)、仕上げにサウナ。
汗を流して、髪はトリートメント。
などと書き連ねると、ストイックな印象を与えるかもしれないが、実態はかなりズボラな
美容道。
数年前までは、カットするために美容院、ヘッドスパ専門のサロンを毎月交互に通って
いた。現在は、カットとスパを兼ねて、3ヶ月に1度、美容院だけの生活。
あの時間とお金と情熱は、どこに行ってしまったのだろうか・・・。
今はもう無い、帝国ホテルプラザにあったサロンは、個室で、サービスも料金も良心的で
すごく良かったなぁ。
入店していた4階自体、雰囲気が大好きで、回廊を1周するだけでも心が落ち着いた。
平日の夕刻時は、とにかく人がいなくて、静か。(良いのか、悪いのか?!)
時々、シャンパンサービスがあり、美味しかったな・・・

先日、ミラノをうろうろと散策していたら、”SHIRO”の看板を発見。
フォーシーズンズホテルの向かい側の静かな場所。
”Caprina”のサンダルをオーダーしたいと思っていた時もあったと、懐かしく思う。
(クロコなどは論外ですが、サンダルはお手頃でした。そして今はもう無い・・・)

帝国ホテルは、お食事や仕事、結婚式などで利用することはあっても、プラザは少ない
ようで、「雰囲気が良くて好き」と聞いた私の友人は、実際に行かれたそうで・・・。
ここで購入したプレゼントを切っ掛けに交際が始まり、夜のおねえさまと無事にご結婚できた、
という縁起の良い場所でもあるのです☆
b0168142_2145915.jpgここ最近、ずっと愛用中の
”RENE FURTERER”
カラーもパーマもしていないので、
美容院代はかなり掛からない方だと
思う。なので、セルフケアは少しだけ
贅沢を。
CARITAも気になるのよね・・・
[PR]
by rioka2929 | 2011-05-16 21:05 | 目指せマダム。美的向上委員会。
b0168142_20593649.jpg朝食は、”Fiorentina”のゆずメロンパン。
お料理教室の方から美味しいと教えて戴き
やっと、3回目(かな?)にして、買うことが
出来たもの。
世界中の美味しいものをご存知に違いない
国際線のCAさんお勧めだけあり、いつも
夕方には売切れてしまう人気のお品。
昨日は、待ち合わせ時間より少し早めに
行き、お昼過ぎにはまだあったので、
AKちゃん姉妹と自宅用に購入。
ゆずのピールが、ほんのり香る美味しさ♪

六本木ヒルズに行くと必ず立ち寄るもう1つの
場所。Estnationの靴売り場☆
”suecomma bonnie ”が、この春夏も
たくさん入荷されていた。
より装飾的で、非日常的な感じが素敵。
う~ん・・・でも、こんなに高かったっけ???
そして、殆どは韓国国内で作られているようだけれど、いちぶ中国製と・・・
日本も、だけれど、自国での生産を頑張って欲しいものです。
[PR]
by rioka2929 | 2011-05-15 21:01 | 楽しい宴。~お家編~
行きの飛行機(ANA)の中では、予習を兼ねて、”ツーリスト”を観る。
もう1つ気になった作品が、”英国王のスピーチ”。周りの友人の何人かから聞いた評判が
上々だっため。
これは帰りのお楽しみにしておこう、と思ったら、フルトハンザとの共同運航便だったため
上映されていなかった。トホホ・・・残念。
残ったユーロは、飛行機を降りる際に、専用の袋に入れて、募金。
被災した東北地方の復興のための義捐金となると聞いて、すばらしいと共感。ひとりひとりは
僅かでも、搭乗者数、発着便の本数を考えたら、とても大きな力になると思う。

ミラノで見た車の数々。
圧倒的な小型車の数。マセラティ、見た記憶がない・・・港区で働いていた時の方がよっぽど
目にしていた。
世界的傾向なのかしらん。小さな車にしようかな、と感化されやすい私。

その一方、世界規模(の贅沢)と実感するのが、ルイ・ヴィトン。
いっとき、日本人の所有率が批判的に言われたこともあったけれど、この人気は、ワールド
ワイド。全く日本に限ったことではない。
ここまでみんなが持っていると、1つもない私も欲しくなりますわ。

トランジットの一コマ。(フランクフルトで、ドイツビールを♪)
b0168142_2352423.jpg

[PR]
by rioka2929 | 2011-05-14 23:06 | Holiday☆旅行記☆