本日も東西南北☆縦走中


by rioka2929
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

夏のランチ日記。

今週はお弁当をお休みし、お昼ご飯はお外で・・・♪

【火曜日】 磯むらの串揚げ。

暑い夏、たまには揚げ物で、元気を出そうと、意見が一致☆
こちらのお店、やはり1,050円のコースがいちばんお勧めだと思う。
840円には無い、太くて熱々のアスパラガスは、何度食べても美味。

【水曜日】 天富

今日はさっぱりしたものが良いなぁ~と内心思っていたけれど、どうしても天丼が食べたい!
の意見に押され、2日続けての揚げ物。
食べるとやっぱり美味しい天富。嗚呼、満足。

【木曜日】 おかず割烹 慎

2日続いた揚げ物ランチ。さすがに今日は、さっぱりと・・・と思い、定番の定食屋さんへ。
お魚が食べたくて、ねぎとろキムチ丼。オクラやワカメが盛られていて、なかなかいい感じ。
と、ここまではヘルシーそうだけれど、実は他に半熟卵もトッピングされ、別にコロッケも
付いている、という嬉しい悲鳴・・・♪揚げ物3連続!
大きなお椀の豚汁も変わりの無い美味しさで、大満足。
今週ずっとご一緒しているおふたりも嬉しそう。つくづく、男性はこういうご飯が好きなのね、
と反応を見ていて思う、お献立だった。
ジョシも好きですが・・・。それにしても、食べ過ぎた。

【金曜日】 最終日のランチは・・・。

濱やの焼肉の予定だったけれど、連日の揚げ物に、胃がNo!と言い出して、体の声に
素直に従う。
たっぷりのお野菜と優しいスープの味を求めて「青空」へ。
結局頼んだメニューは、大好きな胡麻たれベースの冷やし中華。
さっぱりといただき、時間が少しあったので、vis viaへ移動。
みんなで、アフォガード。エスプレッソの苦味とバニラアイスの甘味が絶妙。
楽しい1週間のランチの締めくくり☆
[PR]
by rioka2929 | 2010-07-30 20:52 | 通勤特快808★横浜通信★

白。

暑い日に食べたいもの。
さっぱりとした冷たい麺類。反対に、ガッツリとお肉。どちらも”アリ”な気分。
今月のお料理教室は、そんな我儘に応えてくれるメニュー。

和えるだけのさっぱり冷製パスタ。夏のお魚、イサキを使って。
そして、夏のお野菜、ズッキーニが丸ごと戴けるハンバーグ。

テーブルクロスは、爽やかな白。ナハトマンのガラスのお皿をメインにセッティング。
ワインは、しっかり冷えた白。
全てが夏らしく、お食事の途中では、思いもかけず夜空に花火。
連日の猛暑は大変だけれど、こういう楽しみもあると思えば、乗り越えられそう。

テーブルでの話題は、夏の旅行の予定と、”ポンデケージョ”。
初めて聞くこの名前は、タピオカの粉から作られる、チーズ味のブラジルのパン。
水と卵を混ぜて焼くだけで、簡単に作れる、パンケーキミックスのようなものがあり、
オーブンから漂う香りは幸せそのもの、食べれば、止まらぬ美味しさ、と聞き、
ぜひ、私も・・・♪

b0168142_22302485.jpg先生から、生徒から、いろいろと教えて
戴き、見聞が広がる事は、本当に楽しい。
先月、お願いをした”MY DRAP”。
お教室でご紹介され、すごい反響から
200本以上の注文があったそう。
これからも、最新の、そして時には伝統の
ある事柄を学んで行きたいと思う。


b0168142_2232620.jpg~今月のワイン~
フランス南部ラングドックの辛口の白ワイン。
(品種)ピクプール・ブラン
ラタトゥーユやカスレ(豆の煮込み)に。
今日のお料理では、パスタの魚貝と
お肉料理のオリーブに合わせて。

SAINT-PEYRE
PICPOUL DE PINET
COTEAUX DU LANGUEDOC 2009
[PR]
by rioka2929 | 2010-07-29 22:36 | 脳細胞活性化プロジェクト

夏料理。

b0168142_19572422.jpg1日早い土用の丑の日。
お夕食は、いづもやさんの鰻と
シジミのお味噌汁。枝豆。
日本橋三越のいづもやさん、
列が無いな、と思ってはいけません。
みなさま予約済み。
とっても人気なので、今日も諦めて
帰る方もいらして・・・。
(普通の日は、さすがに大丈夫だと
思うけれど)
ふっくら上品な鰻に今夜も満足。

デザートは、先月習ったマンゴー。
シュワシュワは、あるものの泡・・・。
ライムの酸味がすっきりとした
味わいに。
この暑さ、大変だけれど、食で元気に
乗り切れればと思う。
[PR]
by rioka2929 | 2010-07-25 20:00 | 楽しい宴。~お家編~

乾杯。

暑い夏を乗り切ろうと、Sちゃんと赤坂の一龍別館へ。ソルロンタンを戴きに。
ソウルでも日本でも食べたことが無い、初めてのソルロンタン。注文の仕方が分からず、
1つを2人で分けても大丈夫、とのことで、食べたかったチヂミと1つずつ頼む。
まずは、生ビールで乾杯。こういう気候の良い点の1つは、生のジョッキがサマになること。
こちらのお店は、数種類のキムチをはじめ、小皿料理がたくさん付くので、ビールが進む!
メインが来るまでも、食べ終えた後も、お酒と一緒に楽しめるのが良い。
チヂミは、薄く大きく、端はかりっと、中もっちり。とても美味しい。
ソルロンタンは、鉄のお鍋に入って、汗が吹き出る位に熱いものを想像していたけれど、
陶器に入れられた白濁したスープは、温かく、滋味深い味わい。
塩気は殆どないので、テーブルの上のお塩で調節をするか、キムチなどと一緒に戴くのが
美味しいと思う。

話題は、韓国ドラマのこと、次のソウル旅行の妄想プラン。
気になるホテルは、バンヤンツリーとグランドハイアット。
前回の、ウェスティンの便利性から、再び、少し離れた場所にしてみようかと。街を活動的に
歩くのもソウルの楽しみの1つだけれど、ホテルでゆっくりするのも良いかなぁ~と。
妄想は止まることを知らず・・・それが楽しかったりもする。

最近、購入した「カーサ・ブルータス」は、それまでの女性誌的な視点とは違った、ソウルの
魅力を伝えていて、なかなか良い。行きたい場所ばかり増えてしまって困ることもあるけれど。

一龍で満たされて、時刻はまだ早かったので、六本木ミッドタウンまで、夜の街をお散歩。
途中、本屋さんに立ち寄り、「CanCam」のソウル2泊3日特集をチェック。
目新しい情報はなく、且つ、とても若い女の子向けなので、買わないと2人で納得。

赤坂中学の暗い道を抜ければ、そこはデザインが美しいミッドタウンの広場。
視界が開けるその瞬間がわくわくし、東京もいいなぁ、と改めて感じる。
ちょうど、水のイヴェントが始まる時間で、子供達が元気な歓声を上げながら、走り回っていた。
嗚呼、夏休み気分。
気分が良かったので、最後は、ユニオンスクエアで、モヒートを1杯。Sちゃんは、イタリアの
スパークリング。
バーカウンターに座っていると、何杯ものモヒートが注文されていることが良く分かる。
夏だから。ミントでさっぱり。
楽しい夜・・・
[PR]
by rioka2929 | 2010-07-23 23:53 | 楽しい宴。~お外編~

魅力。

b0168142_23262387.jpg真夏日の夜、7月の宝塚は、宙組の
「TRAFALGAR-ネルソン、その愛と奇跡」。
1月に初めて観た舞台が、宙組。
なので、一巡したことになるのかしらん。

大空祐飛さんの最初の印象は、「繊細さ」。
他の組の主演の方のダイナミックさに比べて、
物静かで知的な雰囲気。
でもそれは、「カサブランカ」という演目と
リックの役柄からくるものだったようで、
今回のネルソンは、男性的で、動きも激しく、
不義の愛に苦悩しつつも、信念を貫く強さが
印象的だった。
一方、野々すみ花さん。2回続けての、叶わぬ
愛に苦しむ役で、悲しみ、そして女性の強さと
弱さの両面を表現。
なので、どちらかと言えば、暗い役柄だった
けれど、「ファンキー・サンシャイン」で魅せた、
明るい雰囲気がとても良く、朗らかな役柄も観てみたいと思った。
歌が上手なのも、心に残った。

2組の夫婦、男女4人の心の内を歌う場面が特に良かった。
歌劇なので、やっぱり歌がすばらしいと楽しめる。
大勢での踊りも素敵だけれど・・・。

毎月、観続けていて、徐々に感じることも多くなり、私なりの視点が持てるようになってきた。
来月は、いよいよ雪組の「ロジェ」。
初めての退団公演のチケットを購入できるか心配していたけれど、無事入手。
楽しみ~♪

(メモ)
観劇のお弁当は、泉平のおいなりさん、太巻き、かんぴょう巻きの詰め合わせ。
[PR]
by rioka2929 | 2010-07-23 23:29 | 脳細胞活性化プロジェクト

機微。

日本各地を襲ったゲリラ豪雨の被害のニュースと前後して、梅雨明け宣言があり、
その後は、連日の猛暑、酷暑。
夏を楽しもうと、前向きに考えようとしても、あまりの暑さに、お昼のお散歩もお休み状態。
(汗だくになると、午後の仕事に支障をきたすので・・・。社会人として)

天候に日々の過ごし方も左右されている今週、ふと1週間前に訪れた小布施ワイナリーの
生産者の方の言葉が、今更ながら思い出される。

今年のぶとうの生育は、4月頃に突然襲った寒さのために、例年より1週間ほど遅れている
こと。

将来のますますの温暖化に備え、新しい品種に取り組んでいること。
(記憶によると、スペインのマカベオだったような。メモを取らなかったことを後悔)

それと同時に、冷涼な土地(ある都道府県)へも関心を寄せていること。

空を見ては、雲の流れから夕方の天気を予想したこと。(これはみごと的中)

自然とともに生きている人の言葉に耳を傾け、心のどこかにひっそりと留める。
2010年下半期の目標は、『生活にもっと緑を。』
気持ちが砂漠化しないように。心掛けて☆
[PR]
by rioka2929 | 2010-07-23 23:20 | 日々。徒然。出来事。気持ち。

小布施旅行~目標達成~

大会当日の朝。7時20分のスタート時点で、早くも30度と言われた晴天。
体感的には、さすがにそこまでは・・・と思ったものの、これからどんどんと気温が上昇する
ことは確実であり、これはムリをせずに、楽しもうとスタートを切る。
全国的に被害を及ぼしたゲリラ豪雨は、ここ小布施でも例外ではなく、未舗装のコースを変更
したせいか、一部、道の幅が狭くなり、走ることが困難な場所も。
ランナーは、記録よりも安全と、そして、何よりも楽しむことが大切。
皆、速度を落とさなければならない場所は歩き、ぬかるんだ道は、ゆっくりと進み、走れる道は、
それぞれの実力で、ゴールを目指した。
私自身も、特に最後の5kmは、走りぬくことが出来、タイムは大幅に落ちたものの、楽しく、
目標を達成した充実感でいっぱい。参加をして良かった。
誘ってくれたあいちゃんに感謝。

その後、素敵な出会いとご好意で、別の団体さんに混ぜて戴き、豊野温泉りんごの湯へ。
汗を流し、美味しいビールを戴く。電車だから飲めるビール。嗚呼、嬉しい!
長野駅の東急百貨店で、会社へのお土産の小布施堂の栗羊羹、お家へのみすず飴と
マーマレードなどを買い、新幹線の中では、熟睡し、無事、帰京。
東急百貨店の地下の物産売り場は、お勧め。
新幹線に乗る直前に、だいたいのお土産は買うことが出来るので。

おしまい。
[PR]
by rioka2929 | 2010-07-20 20:35 | Holiday☆旅行記☆
以前より、1度、訪ねてみたいと思っていた小布施ワイナリー。
自社農園から収穫されるぶどう100%を目指し、ワイン作りに励む、と聞き、その姿勢に
共感し、ぜひ、味わってみたいと思っていた。

事前に畑の見学を申し込んでの参加。
まずは、地下のセラーを見学。地下は、空調がなくてもひんやりとした、静かな世界。
樽と瓶が整然と並べられ、徐々に徐々に熟成し、美味しくなる出荷の時を待っている。
ヨーロッパのカーブの話、明治時代から続く酒税の話、1樽は、約300本相当であること、
などなど、興味深い説明の後は、車に乗り込み、いよいよ畑へ。
車中も、これから見学する畑の説明をして頂き、実際に見て、確かめる。
説明の端々に感じられる強い自負と研究熱心さに、ふたりともすっかり魅了され、あっという
間の時間であった。
無農薬のこと、3年という長期に渡り育てる新しい品種への挑戦、ホルモン、遺伝子改良に
よる農作物の話、実際に働かれている農家の方のお話には説得力があり、考えさせられた。

難しいことばかりではなく、見学後は、お楽しみの試飲タイム!
(試飲は、予約がなくても可能)
無料コーナーには、白1種、赤4種。
あいちゃんは、白が美味しいとの感想。私の1番は、メルロー。
有料では、今、力を入れていると説明を聞いたビオのシャルドネを。
う~ん・・・こちらは、正直、美味しいから買って帰ろう、と思う相性を感じることは出来なかった
けれど、これからも注目して、応援していきたいと思う。

ワイナリー見学の後は、昨年良かった小布施屋さんでのお買い物。
そして、ソフトクリームを食べて一休み。
小布施屋さんには、安くて新鮮な野菜がたくさん売られていて、どれも欲しい!・・・けれど、
明日走ること、電車で来ていることを考え、栗ペーストの瓶詰め以外は、諦める。
りんご酢やりんごジュース、乾燥豆など気になる特産品が多数あり。

最後に大会の受付を済ませ、長野駅まで戻る。
夜は、ホテル近くの御蕎麦屋さん「ぼっち」で天ぷら蕎麦を。
ホテルのフロントで紹介して戴いたのが、庶民的で美味しい戸隠蕎麦の「ぼっち」と、もう少し
駅に近い高級店「油や」の2店。こちらも美味しそうだったので、来年は・・・☆
[PR]
by rioka2929 | 2010-07-20 20:29 | Holiday☆旅行記☆
3連休の2日間は、小布施への旅へ。

昨年、出場した小布施ミニマラソン。楽しかったから、今年も出ましょう、と、年明け早々、
あいちゃんからのお誘い。
それまでの快調さが嘘のように、最後の直線5kmから暑さに心が折れ、途中を歩いて
しまった苦い経験を乗り越えるべく、もちろん大賛成。
2人での旅行となった。

2度目ともなれば、いろいろと勝手が分かり、渋滞の苦痛回避とワイナリー見学の目的で、
今回の移動は新幹線。とっても楽だった・・・。

初日、11:00時過ぎ。小布施駅到着。
まずは、レンタル自転車を借りようと、辺りを見回す。
ガイドブックには、「駅前にあり」と書いてあったので、通りを渡ろうとしたその時、偶然発見。
駅前どころか、駅中。長野電鉄が経営しているので、料金も、切符と同じ窓口での支払い。
徒歩0秒。改札を出て、直ぐ。

小布施ワイナリーの見学集合時間まで、まだ1時間あるので、のんびりサイクリングを
楽しみながら、途中で昼食を取ることに。
地図に載っている国道沿いのパン屋さんを目指し、出発。程無く見つかる。・・・ところが、
小売店だと思っていた「中西パン」。どうやら、工場のようで、店舗がない!!!
いい香りは外まで漂ってくる・・・お腹空き空きの私達は、鼻をくんくんさせながら、敷地の中へ
恐る恐る・・・
隣の建物にいた女性に聞いてみると、親切にも、工場に声を掛けて下さり、中に入れて戴く。
ガランとしたコンクリートの室内には、焼きあがったパンを並べる棚、大きなオーブン、作業台、
粉を混ぜる機械が整然と配置され、興味深々。
かなり広い設備に反して、働いていたのは、人の良さそうなご夫妻おふたり。
その対比が意外だった。
栗パン、アンパン、三角パン他、数種類。おやきが4種類。これらの商品は、道のえきと、
もう1箇所に卸しているのだとか。
あいちゃんは、小布施特産の栗のパンと野沢菜のおやき。
私は、野沢菜、切り干し大根、なすのおやきを無事に買うことが出来、大満足。
ワイナリー近くの神社境内の木陰に座らせていただき、素朴な美味しさを堪能した。
[PR]
by rioka2929 | 2010-07-20 20:22 | Holiday☆旅行記☆

路地裏。

朝から気温がグングンと上昇し、晴天の金曜日。
お昼は、「軍鶏郭茶寮」の親子丼。

夜がメインのこちらのお店は、ランチタイムは、基本的に親子丼のみ。
一品入魂とのことで、店名に恥じない上質のお肉と卵、鶏の出汁を使用し、仕上げた自信作。
と説明がある通り、トロトロの卵が上品で、美味。
お米も美味しく、一般的な親子丼と違い、鶏肉と皮は、空揚げされている。
黒い塗りのお椀の蓋を開けると、卵の綺麗な黄色が映え、見た目も味も足。
卵好き、親子丼好きの方にお勧めのお店。
[PR]
by rioka2929 | 2010-07-16 20:51 | 通勤特快808★横浜通信★