本日も東西南北☆縦走中


by rioka2929
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

b0168142_22295321.jpg食に関する行事、季節感は大切にしたいと
思っている。ここ数年、新たに取り入れた
ことと言えば、恵方巻。
作ったり、買ったり、と年によりまちまち。
そして、今年は、作ることに。
節分の日の平日は、ゆっくり作る時間が
ないので、少し早めの今夜。
テーマは、ずばり”韓国”。
韓国の太巻き、キンパに初挑戦。

早朝の羽田からソウルへ到着したのは
ちょうどお昼過ぎ。お腹が空いて、
最初に食べたのが、キンパ。
偶然、見つけた定食屋さんが、すごく
美味しくて、感動したことは覚えている
けれど、具材やごはんの詳細までは
分からなくて、ネットで検索。
酢飯ではなく、ごま油とお塩、白胡麻で
味付けすることが分かり、参考に。
具については、好みで組み合わせてみた。


b0168142_2231476.jpg~具材~
牛肉(醤油、黒砂糖、ニンニク、ごま油、ネギ、
白ゴマで味付け。フライパンで焼く)
カニカマ、厚焼き卵、キムチ(白菜)、大葉
きゅうり(種は取る)

韓国海苔とキムチは、”沈菜館”で。
韓国ご出身のスタイリスト、
ソニア・パークさんが著書の中で美味しいと
お勧めしていたお店。

韓国海苔は、日本の海苔に比べて、少し
小さく、目が粗いので、ご飯が透けて見えて
しまうけれど、しっかり巻いても破れない
厚さはあるので、大丈夫。
ご飯も油、海苔も油、だけれど、不思議と
油っこさは感じず、美味しく戴いた。
[PR]
by rioka2929 | 2010-01-31 22:36 | 楽しい宴。~お家編~

待ち続けて・・・。

b0168142_2234669.jpgこの冬最後のSale、”Estnation"へ。
季節初めから店頭にあり、気になっていた
MAURIZIO PECORAROのセーター。
お値段が、優にカシミアのコート1着分。
諦めざるを得ないお値段。
第一弾Saleでも、まだまだ・・・が、
最終となれば、更にプライスOFF☆
有れば、買う。と意気込み、売り場へ
一直線。私を待っていてくれた・・・♪
ありがとう。
他にも、イヴ・サンローランの可愛い小物達
(黒いキラキラのロングネックレスや
太いベルトなど)に目を奪われてしまった
けれど、限が無いと、1点のみお買い上げ。

その後は、ペニンシュラでRちゃんお勧めの
マンゴーメロンパン他を買い、
すっきりと晴れ渡った丸の内仲通りを
東京駅まで歩く。
日常として、働いていた時には感じなかったけれど、こうして歩いてみると、ダイナミックさ、
スピード感、文化的な多様性は、やっぱり東京の良さだなぁ、と思う。
こじんまりとした規模と綿々と続く歴史は、地方都市の良さだけれど、スケールの大きさを、
横浜に来てから、しみじみと実感している。
[PR]
by rioka2929 | 2010-01-31 22:08 | 気分は目利き買い付け人

新宿南口。白と黒。

b0168142_2125713.jpg昨日の帰りの出来事。
高島屋へ行こうと、改札を出ると
女性ばかりの長蛇の列。
お菓子に並んでいることは分かったけれど、
急いでいたので、詳細不明のまま、素通り。
ヴァレンタインか、新しいブームか・・・と
思いながら。
用事を済ませ戻ってみれば、1時間前の
光景が嘘のように、空き空き。
改めて見てみれば、シーキューブの
新作商品"CERCHIO(チェルキオ)"
の無料配布♪
並ばずに戴くことが出来た。
時間が遅かったためか、
「シチリアアーモンド」は既に無く、
「チョッコラート」を。

見た目は円形で、ドーナツのようだけれど、
揚げていなくて、しっとり&もっちりとした食べ応え。
チョコレートの風味が濃厚で、美味しい。

実は本日も高島屋に用事があり、同様のイベント中だったので、
今度は、シチリアアーモンドを戴いた。楽しみ・・・♪
[PR]
by rioka2929 | 2010-01-29 20:33 | 楽しい宴。~お家編~

あれから20年・・・

約20年振りの宝塚鑑賞。
10代の頃、母娘で熱烈なファンだったお友達に連れて行ってもらい、豪華絢爛な
舞台に目が釘付けになった記憶が・・・。
特に2幕目のショウの華やかさが印象に残っている。

最近、再び観てみたくなり、予備知識のないまま、現在上演中の「カサブランカ」へ。
開演6時半。お夕食を戴くタイミングが難しい。
劇場内で飲食が出来るか否かの初歩的なことも分からず、終業間際、こっそりソイジョイを
食べて、劇場へ。
実際は、売店があり、幕間にお握りを。
サンドウィッチは売り切れで、お握りは、私が最後だった、などということも経験して分かること。
次回はもう少し、スムースに色々と楽しめそう。

さて、カサブランカ。
ハンフリー・ボガード主演の映画が大好きで、何度も観たことがある。
映画通りの展開をさらに分かりやすくした感じで、結末を知っていて、なおかつ、
2部通しの構成だったにも関わらず、飽きることなく、物語としてもすごく楽しかった。
後半は、煌びやかなショウの世界。
大きな羽を背負った主役が、階段を颯爽と下りてくる姿は圧巻。
きゃー好き☆、ではないけれど、観客を楽しませようとする演出、様式美は、素晴らしく、十二分に
堪能。
今年は、いろいろな組を観てみたいな、と思った。

それにしても、、、名前が難しくて、なかなか覚えられそうもない。
パンフレットの顔写真に、ふりがながふってあれば、いいのに。
劇団員の方は、みなさん全員の名前を覚えているのかしら?
などとツマラナイことに考えがいってしまった。
[PR]
by rioka2929 | 2010-01-27 13:00 | 脳細胞活性化プロジェクト

ワンプレートランチ。

新しく異動されてきた方を迎えての内輪のランチ歓迎会。
選んだお店は、串揚げの”磯むら”。
予約のお電話をしたところ、3コースうち、1番高い1,575円のみしか受け付けないとのこと。
ところが、一番満足度が高いのは、真ん中の1,050円という意見が多数のため、予約をせずに
鐘とともに猛ダッシュ。でもやっぱり、既に満席。
仕方なく、お隣の”KAMOME”へ。
夜はジャズのライブハウスとなるお店のランチ。洋食系が700円から1,000円程度で戴ける。
寒かったので、ビーフシチューを。
旨味と塩味がいまいちぼやけていて、至って普通の味。
選択眼厳しい会社員相手に、空き空き具合が、物語っている・・・?
私達が座ったソファー席もあるし、大人数で、ゆっくりするにはお勧め。
味より、空間とサービス重視の場合は、満足できると思う。
[PR]
by rioka2929 | 2010-01-23 00:13 | 通勤特快808★横浜通信★

仕事とお金と人生と。

車では幾度と無く、というよりは自宅への帰り道の四谷三丁目。
通過した回数は数えることも出来ないが、駅を降りて歩いたことは、ほぼ初めて。
友人お勧めの河豚料理屋さん”しほ瀬”にて、遅ればせながらの「1Q84」の読書感想会。
村上春樹の熱烈なる読者の私達。大学卒業時の春休みには、2人で作品の舞台となった
ギリシャをバックパックを背負い、ガイドブック片手に放浪した仲。
4月予定の続編が発売される前に、総括・・・のはずか、白熱したことは、これからの仕事と
収入と人生について。
女性だから甘えているのか、何なのか。幸せとは、お金の大切さとは・・・。結局は
価値観という言葉に集約されるのか・・・?
取り止めも無く言いたい放題言い合えるのも、20年来の友人だから。
どうもありがとう☆

”しほ瀬”は、少しわき道に入ったこじんまりとしたお店。
知らなければ、入ることもないであろう店内は、旬のこの時期、大賑わい。
1度で、この冬の河豚は堪能しました、と言い切れるほどの、たっぷりとした量に満足。
そして、お会計に感激。
お店の方は、ぶっきらぼうながらもすごく親切で、好感度大。
お店のある道と、平行して通る杉大門通り、どちらもネオンが輝く魅惑的な通りで
美味しそうなお店が軒を連ねていた。
[PR]
by rioka2929 | 2010-01-23 00:01 | 楽しい宴。~お外編~

対話。

週末の新年会の席で、久し振りにあいちゃんと会う。
あいちゃん曰く、「今年のエントリーがもう始まっているよ。」
昨年、一緒に出場した小布施のハーフマラソン。
川沿い、田園、果樹園と自然の中を走る素晴らしいコースに、地元の方たちの温かい声援が
途切れることなく、ランナーにとっては最高に楽しい大会。

ただし、私の昨年は、最後に体力・気力が途切れてしまい、かなり不甲斐ない結果となり、
苦い思い出。これは完全に自分自身の問題。

その後も、細々と走り続けてはいるが、同じ大会に出るとなれば、同じ結果を出すわけには
いかず、もっと練習を積まなければならない。やるか、やらないか、の問題。

まずは、お誘い戴いたことに感謝し、あいちゃんへのお返事は、”Yes”。(出ましょう)
そして、自分自身へは、不甲斐ないままに終わらせることは出来ないという、心の声に
正直に。
今年はコースが分かっているので、イメージもしやすいし、いい結果を頭に描き、半年間、
精進☆精進☆

ところで、走る楽しさや目的は、何だろうか。
私にとっては、これ以上の体重増加の防止目的が1つ。
週末の生活に組み込まれているので、もやは習慣と化していること。
そして、この気持ちが理由としては大きいのだけれど、「まだ行ける、やれる」と実感する喜び。
レースの終盤、体が重たく、ペースが落ちている、と感じても、時計を確認してみれば、
1kmのペースは決して落ちていない時、まだまだ大丈夫、もっともっと走れるんだ、と気持ちが
強くなる。
他人と比較するのではなく、あくまでも自分自身の中の出来事だけれど、励まし、前に進み、
目標タイムをクリアできた時の喜び。1度味わってみると、次も頑張ってみようかと思えるし、
結果を支えるのは、練習だからと、細々とではあるけれど、続いている。
[PR]
by rioka2929 | 2010-01-18 12:29 | 日々。徒然。出来事。気持ち。

謎の物体と言い得て妙。

b0168142_2241432.jpg冬になると必ず食べたくなるものの1つが
中華まん。色々と食べ比べ。
今日のお昼は、私がこよなく愛する華正楼の
肉まんとあんまん。
写真は、巨大なあんまん。
さて、結果。
肉まんは、やはり華正楼がNo.1☆
(富麗華より好き)
あんまんのNo.1は、中村屋。
胡麻あんの独特の風味と舌触りが美味。
先日読んだ林真理子さんのエッセーにも
偶然書かれている。






『何よりも食べたかったのが、中村屋のあんまんだ。
私はあのあんまんが大好物なの。高い有名店のあんまんも食べるけれども、中村屋より
おいしいと思ったことがない。ゴマのにおいがする、あの黒いどろりとしたアンコがもう
たまりませんわ。』(「美女に幸あり」)

私が思っていることが、そのまま表現されている。
やはり彼女のエッセーは面白い。
(最後の方には、私が通うお料理教室の先生のお話も出てくるし・・・。)
ところで、華正楼の餡は、和菓子のようなあんこだった。
甘すぎず、上品な感じ。
[PR]
by rioka2929 | 2010-01-17 22:05 | 楽しい宴。~お家編~

雨の音。

【韓の味】

時折、小雪も混じる冷たい雨の連休明け、”bissori”へ。

最近、都内の韓国料理屋さんを開拓中。
こちらのお店は、★☆☆☆☆(★1つ)かな、

メニューは少ないし、店内は真っ暗だし、お店を後にした20時頃までは、私達1組だけ。
ちょっぴり寂しい夜となった。

戴いたメニューは、
ナムル盛り合わせ、海鮮ねぎチヂミ、チャプチェ、キムチ鍋+ラーメン。
飲み物は、生ビールやゆず茶など5杯だったかな?
〆て、9,900円(一人当たり、3,300円)だったので、恵比寿と言う土地柄を考えても、
高くはないし、味も悪くはないのですが、雰囲気の問題かなぁ・・・

奥の予約席のフロアには、照明(電気)が全く無くて、明かりは、各テーブルに1つずつ置いて
ある”小さな”キャンドルのみ。
なので、メニューも読みづらいし、お料理も良く見えない。
炒め物の具も、お鍋の具も、ほぼ闇鍋状態・・・。
1階なので、窓から差し込む外の明かりはあるものの、もう少しお料理が見える程度に明るくても
良いんだけどなぁ・・・

サービスも取り立てて良くはないし。
女性のお人柄はすごく良かったけれど、サービス面は特に何もなし。
食べ頃とか、具やスープ、火加減の調整とか・・・細々としたことは一切なし。
何かと親切な韓国料理店、というイメージとは違った感じ。

東京☆韓国料理店の行きたいリストは、まだあるので、引き続き開拓しよう♪
[PR]
by rioka2929 | 2010-01-13 20:43 | 楽しい宴。~お外編~

和の味。韓の味。

【和の味】

この冬、東京での初雪だった極寒の日、お昼は”利久庵”の天ぷらそば。
ぷりぷりの熱々の海老が2匹。ほっとするお味。体がじんわりと温まる。
寒い外から、急に暖かいお部屋で温かいお料理を戴くと、必ずと言って良いほど、
鼻がきゅるきゅる。どうにかエレガントにやり過ごす方法はないものか・・・。

利久庵から、三越に向かう途中、八木長の看板を発見。
お店をのぞいてみようかと思ったものの、雨の中を歩くのが嫌で、そのまま信号を
渡ってしまう。信号のところには、鰹節のお店”大和屋”さんが。
日本橋は、いつも地下からデパートへ一直線なので、今度は街をゆっくり歩いて
みたい。美味しい食材店がたくさんありそう。

夜の約束の時間まで、かなり間があったので、大好きなデパ地下クルージングを
久しぶりに。日本橋三越V.S.高島屋。
生鮮食品の種類、活気、ともに高島屋の方が断然好き。
新宿の高島屋も日本橋くらいになってくれないものかなぁ、といつも思う。
ナメタカレイが、1切れ800円なり。
高いね、でも卵がたっぷり、厚い切り身で、何よりも新鮮。納得の価格設定。

それでも時間が余り、本屋さんへ。
朝日新聞出版の「おいしい!築地 歩くグルメ地図」を買う。
これで予習をして、次回のお買い物の参考にしよう・・・。
歩きながらも頭から、ナメタカレイの煮付けが離れず。

夜は一転、韓国料理。恵比寿の”ビソリ”へ。
これからソウルへ実際に行く予定だというのに、東京でも興味は尽きず。

話題は、AK&YMちゃんの地元のお雑煮のこと。
お味噌のベースに、お野菜の具。そしてお餅・・・までは、普通な感じだけれど、
そのお餅の中には、甘い餡子が詰まっているのだとか。
びっくり・・・。
お味噌の辛さと甘さがベストマッチだそうです。
意外でしょ、美味しくなさそうでしょ、でも、すごく美味しいの。とのこと。
自宅でのお食事から、地方の郷土料理、海外の味まで、頭の中は、味の小宇宙。
[PR]
by rioka2929 | 2010-01-13 20:28 | 楽しい宴。~お外編~