本日も東西南北☆縦走中


by rioka2929
カレンダー

<   2009年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

散財中。

年に1度、楽しみにしている秘密のSale。
いつも身に付けているピンキーリングやピアスが可愛いね、という姉を誘い、珍しく2人で。
お互いに暴走しないように、抑制し合おうと固く誓い、吟味に吟味を重ね、選ぶ。
店員さんも、親切に辛口。適切なアドバイスを下さる。部分だけ見ると、昔のままの好みで
選んでしまいがちだけれど、年齢や全体的なバランスをもっとみなくては、と考えるように。
身長にあわせ、少し大きめのものを選んだ。

お買い物の後の楽しみは、ランチチケット。近隣の和洋中の指定店で、使用することが
出来る。今年は、アクアヴィットに行こうと決めていたのに、残念なことに、全館点検中の
ため、休業。。。そこで、初めての”富徳”へ。
豪華な前菜の盛り合わせに始まり、スープ、エビチリ、牛肉と季節野菜のオイスター炒め、
点心3種(蒸し海老餃子、シュウマイ、湯葉の肉まん)、五目炒飯、杏仁豆腐、ウーロン茶。
前菜は、なかなか豪華で、出だしから盛り上がり、お昼からのビールがいっそう美味しく感じる。
ウーロン茶も甘くて、美味しい。他は、比較的安定した美味しさ。
全体的には、日本人好みの味付けとメニュー構成で、安心して戴ける。
中高年率が高いことも納得。その中を周さん本人が歩き回り、お愛想を。
テーブルの配置や、お店の荷物がごちゃごちゃと目に付く煩雑さがやや気になったものの、
老舗の貫禄と楽しい雰囲気で、未だに列が出来ていたことも納得だった。

夜は、姉の友人が、オープンしたエステサロンへ。初めて痩身エステを受ける。
修行されたサロンでの顧客だった女優さんに整形疑惑が出た、と言われる小顔の施術、
確かにすっきりして、軽くなった♪
ボディーの方は、不明・・・。明日、毎朝の恒例、体重測定が楽しみ。
[PR]
by rioka2929 | 2009-10-31 23:13 | 目指せマダム。美的向上委員会。

ゴールデンコンビ。

b0168142_2152346.jpg今日のお昼は、「荒井屋」さん。
いつも通るたびに気になっていたお店。
長いエントランスが美しく、店内は
さらに落ち着いていて、大人の空間。
お昼の定食はどれもおいしそうで、
迷いに迷って、柳川風に。
次回は、ハンバーグかな♪

ビールが飲みたかった日の夜。
一杯ずつね、と言いながら、守れず
(初めから守る気がない!?)、
気がつけば3本。
おつまみは、おかき、だけ。の
はずか、ランチのチキンカレーの試食に
鶏肉の皮の煮物に、ウインナーまで。
ビールに油物。ゴールデンコンビです。



※鶏肉の皮の煮物※
余分な脂身を取り除き、洗う。お酒で煮て、お砂糖とお醤油で味付け。
とっても美味しかった。
[PR]
by rioka2929 | 2009-10-30 21:53 | 通勤特快808★横浜通信★

文化の薫り。

鬱々とした気分を晴らすために、午後から半休♪・・・と言いたいところだけれど、
用事のため。
でも、少し時間的な余裕があったため、昼食を中華街で戴くことに。
大好きな華正楼では、ランチセットのような手軽な定食がないため、炒飯か
麺(つゆそばか焼きそば)の選択肢しかなく、今日は偵察を兼ねて聘珍樓か萬珍樓に
してみようと、聘珍樓前へ。時刻は、12時半前。早いランチを終えたと思しき
団体客が、出てくるわ、出てくるわ。その数、30人いや50人。蟻穴から這い出てくる
蟻のように、すごい数。とても入る気にはなれずに、回れ右をして、華正楼へ逆戻り。
五目焼きそばを戴く。う~ん、やっぱり美味しい。素材も火入れ加減も最高。
お店構えに華やかさはないけれど、確実に美味しいものが戴ける安心のお店。

馬車道で働いていると、中華街のお勧めのお店を聞かれることも多く、その参考に、と
食後に再度、聘珍樓と萬珍樓へ。どちらも共通して、美しいお店構えは誰にでも安心感を
与え、メニューが豊富。お値段も、高価格帯からお手頃まで幅広く、大企業としての
風格が。メジャーになりすぎて、大箱でのサービスと味はどうなのかしら・・・?
どちらが良いか、を決めるのではなく、やっぱり華正楼が一番、と確信したいだけなのかも。

偵察を始めたら、用事があるにも関わらず、台風一過の晴天の気持ち良さも手伝って、
そのまま街をウロウロ。
今回、見つけた気になるお店は、”一石屋酒店”。正面右手に、紹興酒がたくさん。
中華街での食品は、品質の健全性、保管状況(直射日光に当たって、大丈夫かと思う
場面に多々遭遇)、美味しさが、いまいち分からない、と思うことが多いけれど、
こちらのお店はそんな心配は一切不要と思わせる、美しさがある。
せっかく中華街に来たので、紹興酒の1本でもお土産に・・・と思っている人にはお勧め。
店員さんも親切そう。もちろん、紹興酒以外にもお酒が充実していて、顔馴染みのお客様が
引っ切り無しに訪れていたので、安心して、お買い物が出来そう。

その後、ハイネケンの看板が気になり、大通りを渡る。
Barかな、と思った所は、”Club Lizard”。ちょっと1本入ったところに、ポツンとある感じが
良い。シーナ & ザ・ロケッツのポスターを見つけ、嬉しい気持ちに。還暦を過ぎても、
横浜の小さな(入ったことはないけれど)ライブハウスで、いつまでも現役。子供か孫???の
ように若い子達を熱狂させているなんて、素敵過ぎ・・・。

最後に明治屋さんに寄り、後ろ髪を引かれながら、駅へと急いだ。
明治屋さんも、コンパクトながら、外国の食料品店のような雰囲気で、街に溶け込んでいる。
野菜は全般的に高く、鮮魚は諦め(といより、無い)、でも、お肉屋さんはしっかりある、といのが
ニーズを反映しているのかしら。
超近代的な丸の内が恋しくなる反面、歴史ある小さな港町が好きと思う、秋の午後。
[PR]
by rioka2929 | 2009-10-27 22:28 | 通勤特快808★横浜通信★

復活。

百貨店の特別食堂の話題で盛り上がってから、昔の記憶を辿っていくうちに、様々な思い出が
甦ってきた。
その1つが、エレベーターガール。
今は、超混雑時か、休日にしかいない?それとも全くいないのかも。
判然とはしないけれど、激減していることは確か。
母曰く、昔は、エスカレーターのところにもいらっしゃったとか。
そしてもう1つが、茶色いリボンのセーラーの制服姿。
私が子供の頃は、商業高校の女生徒さんが実習をされていたのか、レジでお見かけすることが
多々あった。
見なくなってから、どれくらい経つだろうか・・・。考えたこともなかったけれど。

特別食堂とエレベーターガールと商業高校の実習、まとめて復活させてみてはどうだろうか。

特に、職業訓練、実習は良いと思う。(インターシップではなく、あくまでも日本語で・・・。)
有能な人はそのまま就職出来れば、高校卒業者の就職率が上がり、百貨店側も安い賃金で
有能な人材が確保出来る。現在の就職難や学費の問題に対しても多少の解決となるだろうし。
(活き活きと働く場所があれば、無理して進学することもなくなり、夜学やお金を貯めてから
進学しなおす、という道も開けると思うので)

お客様にとっても、お買い物の相談は落ち着きのあるベテラン店員さんにするとしても、売り場が、
若くて活気があれば、それはそれで楽しいもの。

3世代楽しめる特別食堂に、サービスのエレベーターガール。
今時、古臭いでしょうか・・・?
[PR]
by rioka2929 | 2009-10-27 21:35 | 日々。徒然。出来事。気持ち。

原点に回帰する。

雨の上がった週末の夜、ブノワで夏以来の会食。
今は無きお料理教室ADFを通じて仲良くなった私達。食べることへの情熱は、人一倍、
いや五倍ぐらい。
この夜も、ADFで講師を務めていらした小島シェフのお料理を戴きながら、話題は食、
健康、美容、ファッション、旅行、人生そのもの!?、
そして、それらを下支えする経済まで、話題は尽きず。

メンバーの一人は、デパートに広く展開されている老舗蒲鉾屋さんの社長様。
阪神地区のデパート開発と統廃合に伴う、上階のレストランフロアーについて大論議。
百貨店の方も、色々と迷われているのだとか・・・。今の時代、何が求められているのかと。
感度の高い彼女へも相談があり、私達も一緒に考えた結論は、満場一致で、「特別食堂」。

もう、フランスや東京を初めとした地方の有名店を誘致して、日本初上陸、関西初、
というのは古い。
それは結局名前だけ。高額なロイヤリティーを払って、3番手、4番手のシェフや板前さんと
アルバイトのスタッフに任せるお店は、本店と比較するまでもなく・・・。
それならば、3世代が同時に楽しめ、ちょっとした非日常も楽しめる、飛び切り美味しい
特別食堂が、好いと。お出掛け、おめかし、という言葉を復活させるの。

ところが、彼女も実際、この話以前に、偶然にも百貨店の方に、「特別食堂」が良い。
と伝えたらしく、その反応は・・・
空いていて、静かな感じがちょっと、と困った顔をされたとか。

うーん。残念。皆が来たくなるような魅力的なお店作りが、企業努力のはずなのに、どうして
最初から諦めちゃうのかしら。お手軽に名義借りだけすれば、集客出来るとでも思っているの
でしょうか。何かを育てる体力も気力も無いのかしら。
即効性は、消えるのも早いと思うのは、私だけ???嗚呼、伝統。
[PR]
by rioka2929 | 2009-10-27 20:53 | 日々。徒然。出来事。気持ち。

秋一色。

b0168142_2013534.jpgb0168142_202286.jpg

















今月のお菓子教室は「秋のタルト」
ハロウィーンを題材にしたカボチャ。
そして、定番のりんご。でも、りんごだけではなく、あれも、これも、というところに感嘆。
[PR]
by rioka2929 | 2009-10-27 20:12 | 脳細胞活性化プロジェクト

この秋の私的流行。

雨宮塔子さんのエッセー”パリごはん”が面白かったため、”金曜日のパリ”と
”それからのパリ”も2冊購入し、半身浴をしながら読んでいる。
彼女を取り巻く生活状況が本毎に変化をしているが、どの本にもその時々の
素直な心情が書かれていて、共感することも多く、単調な半身浴の時間もあっと
いう間に経ってしまう。

そして、日曜日の朝。
特別な用事が無い限りは、だいたい8時半位までゆっくり寝ていることが多かった
けれど、今月からは、7時に起床。”夢色パティシエール”を見るために・・・。
パティシエールを目指す女の子の学園物語で、だいたいは小学生の女の子向けの
アニメ番組を、Sadaharu Aokiの青木シェフが監修しているため、見ている。
番組の最後に、シェフやスタッフが実写で、製菓のポイントを紹介していて、
月1で教えていただいてるお顔見知りの方が登場するのが楽しみ。

すっかり青木家!?の楽しさにはまっている。
[PR]
by rioka2929 | 2009-10-24 20:50 | 日々。徒然。出来事。気持ち。

情熱の。

b0168142_20301855.jpg情熱のアルゼンチン。
そして、食に注ぐ私の情熱。

しばらく前に読んだ雨宮塔子さんのエッセー
”パリごはん”の中で語られるアルゼンチン
料理の美味しさに興味を持ち、食べてみたいと
思っていた。
伊勢丹のワイン売り場でもアルゼンチンワインが
お勧めされていたことがあり、私の中で俄然
アルゼンチンの食に対して、熱くなっていた。
そんな折、グランドハイアットのオークドアで
プロモーションが行われると知り、AKちゃんの
お誕生日を兼ね、ランチへ。
前菜、メイン、デザート、食後のお茶の
ランチセットが1種類。
前菜は、ミートパイのようなもので、メインは
炭火焼のステーキ。エッセーにも書かれていた
通り、お肉料理がメイン。久しぶりのしっかり
したお肉の旨味を堪能。
ワインはもちろんアルゼンチン産。グラスで赤白2種類ずつ。1番お勧めのMEDALLAを。
記念にボトルに付いていたメダルを戴く。
ちょうど雨の降る前の良い気候の中、開放的なリゾートの雰囲気で、楽しいひとときだった。
[PR]
by rioka2929 | 2009-10-24 20:32 | 楽しい宴。~お外編~

活気。

今夜は、前の職場の後輩とお食事。
彼女自身も元同僚の皆様も元気そうで、何より。
元気に働く人の話を聞いて、私も元気になる。やっぱり負のオーラより、ハッピーな方が
断然いい。楽しい。

お店は、彼女が選んでくれた”かなえ”。
東京駅前なので、迷うこともなく、雨が降ったとしても、そう濡れる事も無く、好立地。
お値段的には、高くもなく、かつ安くも無く、お手頃に美味しい和食が戴ける居酒屋さん。
金曜日の夜ということもあり、ほぼ満席。サラリーマン2人組みから大人数の宴会まで様々。
楽しい笑い声が響いて、活気がある。

最近の傾向なのか、とかく”安い”だけに価値がおかれているように感じるけれど、
こういう普通に楽しく美味しいお酒が飲めるお店が大繁盛なのは、嬉しい。

ジョシの特権。〆は、ピエール・マルコリーニのアイス。私達の間では、セレブアイスと
呼ばれている、特別なもの。
[PR]
by rioka2929 | 2009-10-23 23:51 | 楽しい宴。~お外編~

潤い。

週末に行った明治屋で。
韓国農協の参鶏湯のキャンペーン中だったので、試食をしてみることに。
スープが濃厚で、美味しい♪
ソウルで食べたものより濃厚なので、こってり好きな方には、お勧め。
以前、お料理教室で習ったレシピも、どちらかと言えば、あっさりした味付けで、好みで味を
調節するものだったので、ソウルと同じ感じ。なので、レシピも本場と同じだったのね、と感激した
思い出が。
明治屋さんは、既に味付なので、調味の必要がない点がお手軽かしら。
若鶏丸々1羽(もち米入り)、1kg 2人前で、1,700円。
宣伝の方曰く、辻調の学院長もお気に入りだとか・・・。

乾燥が気になりだしたこの季節、内側からの潤い補給は必須。
週末は用事があり、買って帰れなかったので、また次回に。
冬季は店頭にあるらしいので、この冬、1度はお家で参鶏湯♪
[PR]
by rioka2929 | 2009-10-19 20:57 | 楽しい宴。~お家編~