本日も東西南北☆縦走中


by rioka2929
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:脳細胞活性化プロジェクト( 72 )

ワイン世界旅行。

06月のRiko's Kitchenは、梅仕事。
大きな大きな竹ざるに盛られた梅をみんなで黙々と下処理。
美味しくなれ!と心の中で念じながら。
少しだけ穴を開けると、じゅわっと水分が出てくる新鮮さ♪
1年間後が楽しみ!

そして、もう1品は、肉味噌。
トウチの使い方が新鮮。
以前通っていたお料理教室では、4人分の麻婆豆腐に対し、小さじ1/2。
お料理が違うので、各材料の量も単純に比較できないけれど、ここまで使っても大丈夫
なのね~と。
お弁当によく作る一人分のチンジャオロースでは、トウチ1個位しか入れていなかったわ・・・
だから、いまいち風味の良さが分からなかったのかも。

日持ちがする肉味噌。
使う度に加熱するから、と言っていたことも、私の中では、ふむふむ。
母も毎年、年末に大鍋で大量の煮物を作り、途中で火を入れている。

これまで学んできたこと、見聞きしてきたこと、いろいろな体験が、また学ぶことで更に定着。
そういうことが、今は楽しい。
b0168142_20214741.jpg

ナハトマンにモダンに盛り付けした肉味噌のバリエーション。面白い!
お豆腐の水切りひとつにしても、熱湯に通す母。地道に重石をする私。この方法の場合、
手間はなくても時間が掛かってしまい、手軽なお料理のはずの麻婆豆腐も、朝からの準備に
なってしまう。そうそう、電子レンジでの水切りはしたことがない。

*********************************************

夜は、お誕生日会。
美味しいワインとチーズ、ハム、サラダなどなど・・・
ちょっと遅めの21時の開始にも係らず、ケーキまで戴き、今夜だけはダイエットを封印して
日付が変わる一歩手前まで。
嗚呼、ワイン、何種類飲んだかな。
主賓の方、実はお会いすのは2度目。その夜は、とってもお洒落をしていて、素敵だった。
女性らしく身奇麗にするのって、大事だわ。といつものように反省。実行せねば!
思い掛けない繋がりの新しい出会いもあり、大盛り上がりの夜だった。

※シャンパンと冷凍スイカの組み合わせ、美味しかった。マンゴーやメロンでも良さそう。
[PR]
by rioka2929 | 2011-06-20 20:25 | 脳細胞活性化プロジェクト

交錯。

金曜日の夜は、久し振りの”Bunkamura”へ。
映画”ジュリエットからの手紙”を観るため。GWに旅行をしたヴェローナが舞台の映画と
聞いて。
実際はヴェローナから始まるロードムービー。イタリアの田舎町の美しい風景に心癒され、
つい先月訪れたばかりの見覚えのある景色に心踊り、リラックスをして観ることが出来た
作品。
物語自体は、新鮮味のある展開ではないけれど、上質な文学作品を読むような心地よさが
あり、友人の言葉通り、「たとえ行ったことがない場所だったとしても、楽しめた」。
7月3日までだったと記憶してるので、ぜひ。お勧めの1作。

待ち合わせまで、少し時間があったので、Bunkamura内をウロウロ。
嗚呼、最後に来たのは、いつだろう・・・と記憶にないほど前のこと。
ドゥ・マゴの横の本屋さんでは、ひびのこづえさんの特集中。
私たち世代、内藤こづえさんと言えば、コム・デ・ギャルソン。
この日も、ハンカチを中心とした、素敵な素敵なテキスタイルをたくさん見る事が出来た。
もう、全部、欲しいよ、このハンカチ!と叫びたくなくほど、素敵。この絵柄を見れば、
あの人の顔が浮かび、その絵柄を見れば、あのご夫妻が思い出され・・・と1つ1つにテーマや
メッセージがあるので、見ていると、自然と周りの人達に想いを馳せることに。
結局、時間切れで、1枚だけ購入。来週、また行けるかな・・・う~む。

ちなみに、映画と同様7月3日まで。理由は、翌日から改装のため、閉館するのだとか。
今年は大きな震災で、色々な価値観の変革を迫られているけれど、良い文化はどんな時でも
あって欲しい、と思うので、東京・日本を牽引するような施設になって欲しいと思う。
この日もコクーン歌舞伎が上演されていたようで、たくさんの年配の方達をお見受けした。
シックで、とてもいい感じ。

少し離れた東急本店は、本当に落ち着いていて、穴場のデパート。例えば、、、
同じアンテプリマでも、東横店となぜここまでディスプレイが違うかな・・・と首を傾げるほど
本店は色味も見せ方も考えられている。

などと、話がずれるほど、衝撃的だったので。

私が大学生の頃には既にあったBunkamura。
「ライ麦畑でつかまえて」を読んでいるうちに、どうしてもホッとチョコレートが飲みたくなって、
ひとり駆け込んだ、ドゥ・マゴ。大学生には、高価だった飲み物に違いなく、なぜか覚えている。

今までのお付き合いは細々としていたけれど、、私にとっては常に素敵な文化施設。
応援しよう。リニューアル楽しみに待っていよう☆
[PR]
by rioka2929 | 2011-06-19 21:23 | 脳細胞活性化プロジェクト

グリーン。

5月のRiko's Kitchenもお魚尽くし。
旬の初鰹のたたきとサーモンの押し寿司。バリエーションで、手毬寿司も。(可愛い☆)
新鮮なお魚の見分け方も押し寿司のポイントも、どちらも大切なのは、端と角。
先端まで意識を向ける重要性は、全てに通じる事柄かと・・・。仕上がりの美しさにうっとり。
美意識の高さが伺われます。
b0168142_215018100.jpg

今月のテーマカラーは、緑なのかな、と内心。
先生のお洋服も緑色のワンピース。
お花はガラスのコップに小分けにして活け、1つにまとめても、1列に並べても、どちらも素敵。
b0168142_21545159.jpg

[PR]
by rioka2929 | 2011-05-29 21:55 | 脳細胞活性化プロジェクト
今年に入り、2回ともキャンセルにより行けなかった宝塚劇場へ。今年初。
月組の「バラの国の王子」(美女と野獣)を観劇。
どの組もどの作品も1つ1つの演出に個性があり、飽きるどころか、ますますその素晴らしさを
実感。
静と動、光と影、カラフルさとモノトーンといった対比が、今回の舞台では鮮明に感じられた。
野獣に姿を変えられてしまった王子様の苦悩とベルの可憐さも際立ち、宝塚の魅力を再認識
した作品だった。(全員の笑顔がまたいいの・・・)
現在、発売中の「ミセス」にちょうど霧矢大夢さんのインタビューと簡単な宝塚歌劇団の歴史と
紹介がされていて、あわせて読むとさらに興味深い。女性だけの集団ではあるけれど、
プロフェッショナルな高い意識と厳しい練習に裏打ちされたものであることがよく分かる。

観劇のあとは、楽しいランチ♪
お隣のペニンシュラのアフタヌーンティーへ・・・と思ったところ、いまだにすごい人気らしい。
開始時刻まで20分以上あるというのに、既に待つ人の列が階段の上まで続いている。
(女性ばかり・・・)
並ぶことなく諦め、”Peter”へ。こちらもびっくり。ほぼ女性。
女子大のカフェテリアみたい。(年齢的には、全員大きく外れていましたが・・・)
お料理は、う~ん・・・どうだろう。可も無く不可も無く。たぶん、もう行かない。

帰りは、三越に寄り、お夕食の調達。
母も私も夕食を作る時間がなく、お弁当で簡単に済ませる。「弁松」
外食続きの週末。たまにはこんな時もある・・・

追記:なんと!
殆ど気まぐれで立ち寄ったシャネルのカウンターで、欲しかった”ROSE PLATINE”をゲット。
再入荷したらしく、私が最後の1本を購入し、再び、SOLD OUT。嬉しい☆
b0168142_2219378.jpgb0168142_22202977.jpg
[PR]
by rioka2929 | 2011-05-22 22:22 | 脳細胞活性化プロジェクト

新緑。

b0168142_20422655.jpg3月は震災の影響でお休みとなり、2ヶ月振りと
なるお料理教室。
被災地から遠く離れた東京でも、いまだ何となく
気持ちが落ち着かない状況の中で、サッと作れて
ほっと出来るお料理をと、テーマは
「シンプルで上質」。
煮込み料理と、あっと驚くご飯物。
見せ方次第で、いろいろと表情を変え、話題性が
ある。先生の真骨頂のようなメニューだった。

この日は嬉しい再会が。
久し振りにご一緒した方。一目みた瞬間、輝いて
綺麗だなぁ~と。もともと、お仕事柄からも、いつも
きちっとした身なりと優雅な所作が女性らしかった
けれど、いちだんとお美しく。
試食の時のお話で、新しい彼との充実した生活を
垣間見て、内心、「理由が分かったわ☆」。
先入観も何も無く、直感的に感じたことは本物
でした。

今月は、アルザス地方の白ワイン。
MEYER FONNE
EDELZWICKER 2009

すっきりとした爽やかな甘口。かなり好みのタイプ
[PR]
by rioka2929 | 2011-04-27 20:43 | 脳細胞活性化プロジェクト
(立派な)鯛の昆布〆も、金色のお皿に華やかに盛り付け、繊細な美しさを。
始めて食べた”あまどころ”という山菜を添えて。
b0168142_21133415.jpg

ご機嫌な帰り道、高島屋で可愛い花柄のエプロンに一目惚れ。
夜中に放送していたアメリカのホームドラマでも使われていたのだとか。
デザインに惹かれて黒を選んでしまったけれど、明るい緑と水色の2色も使いも可愛かったな・・・
すっごいフリフリな感じが意外とツボ。”Jessie Steele”☆
ネスプレッソの”PIXIE”も、チェック。すごい扱いやすくて、お手入れ簡単。
お味はもちろん、美味♪
[PR]
by rioka2929 | 2011-04-24 21:14 | 脳細胞活性化プロジェクト

Takenoko。

04月の”Riko's Kitchen”は、筍三昧。
先生が厳選された掘り立て、直送の筍ちゃんを、茹でることから始めて。
筍の皮の、ビロードの様な、ハラコの様な、手触り、部屋一杯に広がる甘い香り・・・
戴く前、いや調理する前から、既に、美味しさを確信。

和食もこんな風にモダンな感じに盛り付け。お皿が素敵・・・欲しい・・・
↓「たけのこの木の芽味噌和え」
b0168142_204036100.jpg

そして、もっと欲しい。と思ったのが、遠赤で焼く、網。
サロンの帰りに、早速タカシマヤヘ。炭を使う本格的な七輪はあったけれど、ガスコンロ用は
なかった。先生は、和食屋さんで戴いた焼き魚の美味しさに驚き、聞いたところ、合羽橋で
購入されたのだとか。私も行きたい!
シンプルに焼いた筍を美味しいお塩とオリーブオイルで。
この網で、蟹が焼きたい、お肉が良いと、みなで大盛り上がり。食卓が楽しくなる優れもの。
本当に、レシピだけではなく、色々と楽しく学べるお教室です☆
b0168142_2046855.jpg

[PR]
by rioka2929 | 2011-04-24 20:48 | 脳細胞活性化プロジェクト

夜顔。

東京ミッドタウンにある”21_21 DESIGN SIGHT”で開催中の
「倉俣史朗とエットレ・ソットサス展」へ。

b0168142_225713100.jpg昨晩は、ベッド中で”Pen”を読みながらの
予習。2008年に発売された雑誌を
ひっぱり出して。
どの作品も美しく、そして、晴れやかな
気持ちになる明るさに溢れている。
実際の作品を目にするのは、原美術館、
ボストン美術館に続き、3度目。

初めて中に足を踏み入れるデザインサイトは
入り口から既に”THE 安藤忠雄”の世界。
でも、自己主張するのではなく、
作品が際立つようなシンプルな造りであり、
実際、とても分かりやすい展示だった。

平日の夜は、静かで、間近でじっくりと
観ることが出来たので、お勧め。

ミッドタウン自体、昼間よりも夜の雰囲気が
好き。うん、大好き・・・♪
[PR]
by rioka2929 | 2011-03-04 22:59 | 脳細胞活性化プロジェクト
いろいろと思うところがあり、遂に今週、お休みの意思をお伝えした。
なんて言うと、大げさに聞こえるかもしれないけれど、私にとっては大きな決断・・・
お料理教室。
7年、いや8年かな、毎月通い続け、その間には、レギュラーの講座の他にも単発、
特別コースをたくさん受講し、楽しい時間を過ごしてきた思い出の場所。
どれだけ私の食生活、そして、生活そのものを豊かにしてくれたことかと、すばらしい
思い出ばかりが蘇ってくる。
先生のお人柄に惹かれて、ここまでこられたことも大きい。感謝してもしきれない、でも、
ここでいったん立ち止まって。

Rちゃんと知り合えたことは、本当に嬉しい財産。
30代の途中まで、厳しい世界でお仕事をし、いろいろな経験をされてきた、その芯の
強さと的確な判断力に、いつも感心するばかり。
私のウジウジエンドレスな相談事にも嫌な顔をせずに、耳を傾けてくれて。どれだけ
励まされたか。
新しい学びの場でも、ご一緒できると好いなぁ・・・☆

来月1回を残すのみ。
本科はお休みしても、単発講座はいつでも受けられるので、さようなら、ではなく、
これからもよろしくお願いします、の気分で。


b0168142_2374724.jpg今月のワイン
Chateau CAZEBONNE 2009
仏ボルドーの白
ソーヴィニヨンブラン/セミヨン
白い果実 余韻は甘く・・・☆
[PR]
by rioka2929 | 2011-02-26 23:08 | 脳細胞活性化プロジェクト

外伝。

1月は体調不良のため、楽しみにしてた宙組の「誰がために鐘は鳴る」の公演に
行けなかった私・・・大空祐飛さんのクールさが好きなのに。

ウジウジとした気持ちを吹き飛ばしてくれたのが、週末に観た舞台。
「愛と青春の宝塚」
お声を掛けてくださったRさんに、感謝☆感謝の素晴らしい作品。
病気、戦争という、ありがちな設定だったけれど、演技のすばらしさに圧倒され、
涙がポロポロ・・・。
最後のクールなダンスにも魅了され、やっぱり生、生が良い。とシミジミ。
いつも宝塚、女性だけの舞台ばかり観ているけれど、男性の歌声もいいなぁ~と
聴き入り、今年は、観劇の幅を広げてみようと思った。

生が良いもの、の筆頭はビール☆
遅いお夕食は、青山劇場の向かいの”beacon”へ。
グリルされたお肉がたっぷり山盛りをひたすら食べながら、オリジナルビールを♪
ちょっと暗くてモダンなインテリアのお店なんて、久し振りだわ・・・と思いながら。
オシャレ系からすっかり遠のいているので、嬉しい!

話題はいろいろ・・・
これからがすごく楽しみなRさん。
素晴らしい未来の確信は、はっきりしているものの、肝心の”素晴らしい”の形が
描けず・・・多分、彼女の中では見えている?!
ガンバリどころって、あると思うけれど、今はまだ正念場ではない、いや、そもそも、
そういう言葉とは無縁なところが、彼女の魅力。
うん、やはり楽しみ、秋から・・・今から・・・
私、わたしは、どうなんだろう・・・ということろで、時間切れ???
閉店です、、、と最後は、お願いされてのお開き。
あのまま話していても、堂々巡りだったと思うので、ちょうど良かったのかも。
でも、続きも・・・次回は、来月の日曜日かなぁ~☆
[PR]
by rioka2929 | 2011-02-21 20:10 | 脳細胞活性化プロジェクト