本日も東西南北☆縦走中


by rioka2929
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

韓食談。

こうして、日々のニュースに心を痛める生活を送りながらも、日常はそれなりに淡々と
変わりなく過ぎていく。
放置したままだったこの拙いブログを久し振りに見てみると、毎日、誰かしらが訪問して
くれていた。小さな驚き。
GW前なので、ソウル関係の検索なのかな、、、分析が出来ないので、分からないけれど、
また少しずつ、好きなことを綴ろう、と思う。

そして、話は、ニラのことに。

週末、池袋西武で開催されていた「韓国物産展」へ。
想像していたよりも小さい規模ながら、開店直後から、かなりの混雑。
いくつか試食をし、買ったものは、キムチ2種類、チヂミの粉、MarketOのブラウニー。

まだ早い時間だったので、地下の食品売り場に立ち寄り、豚肉とニラを買い込み、昼食に
早速、チヂミを焼く。
具材は、豚肉、ニラ、キムチ。

広蔵市場で見たチヂミは、揚げている?という位、たっぷりの油だった記憶があり、粉の
袋に記載されたレシピ以上で、真似をしたところ、ちょっと油っぽかった、と反省。
最初は、厚くたっぷりと焼き、その後、油少な目、薄く、に変更。
断然、そちらの方が美味しかった。

なかなか、味の体験が実践に結びつかない私・・・全般的には、好評だったので、また粉を
買い、焼いてみたいと思う。

そしてもう1点、反省と言えば、塩気が薄かった!
具材にしっかりと下味をつけておけば良かった、と実際に食べて感じた。

袋のレシピには書かれていなかった上に、原材料に”塩”とあったので、味付けの必要は
ないと思った結果。
やはり、本場は、とても薄口。と実感した次第。

「韓国料理=辛い」と連想するかもしれないが、意外とあっさり、というのが、私の数少ない
食経験からの印象。

日本では違うのでしょうか。・・・というのも、

薄口・・・の対極にあると感じたのが、代官山にある韓国料理店「李南河」。
シックな内装、注文前のマッコリの試飲、店員さんのサービス、どれも感じが良かったけれど、
肝心のお料理の味付けが濃く、ビール無くては食べられないほど。
ソウルで戴いたお食事で、ここまではっきりとした味付けはなかった。
「辛い」のではなく、とにかく濃かった・・・

震災後の1ヶ月ちょっとの間には、もう1軒韓国料理のお店へ。
銀座三越にある「ソソンジェ」でのランチ、石焼ビビンパを単品で。
単品といっても、キムチとお味噌汁付き。定食の場合、おかずが数品増えるみたいで、殆どの
方は、定食を頼まれていた。
こちらの味付けは、上品でなかなか良い感じ。
お味噌汁も具沢山で、薩摩揚げを薄く切ったようなものが美味しかった。なので、私は単品でも
満足だった。

連休前に、雑誌では韓国・ソウル特集が組まれているのでしょうか。
an・anとFRAUを見て、ひととき気持ちはソウルへ・・・現実逃避ではなく、頭の切り替えを少しだけ。
[PR]
by rioka2929 | 2011-04-20 23:58 | 楽しい宴。~お家編~