本日も東西南北☆縦走中


by rioka2929
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

対話。

週末の新年会の席で、久し振りにあいちゃんと会う。
あいちゃん曰く、「今年のエントリーがもう始まっているよ。」
昨年、一緒に出場した小布施のハーフマラソン。
川沿い、田園、果樹園と自然の中を走る素晴らしいコースに、地元の方たちの温かい声援が
途切れることなく、ランナーにとっては最高に楽しい大会。

ただし、私の昨年は、最後に体力・気力が途切れてしまい、かなり不甲斐ない結果となり、
苦い思い出。これは完全に自分自身の問題。

その後も、細々と走り続けてはいるが、同じ大会に出るとなれば、同じ結果を出すわけには
いかず、もっと練習を積まなければならない。やるか、やらないか、の問題。

まずは、お誘い戴いたことに感謝し、あいちゃんへのお返事は、”Yes”。(出ましょう)
そして、自分自身へは、不甲斐ないままに終わらせることは出来ないという、心の声に
正直に。
今年はコースが分かっているので、イメージもしやすいし、いい結果を頭に描き、半年間、
精進☆精進☆

ところで、走る楽しさや目的は、何だろうか。
私にとっては、これ以上の体重増加の防止目的が1つ。
週末の生活に組み込まれているので、もやは習慣と化していること。
そして、この気持ちが理由としては大きいのだけれど、「まだ行ける、やれる」と実感する喜び。
レースの終盤、体が重たく、ペースが落ちている、と感じても、時計を確認してみれば、
1kmのペースは決して落ちていない時、まだまだ大丈夫、もっともっと走れるんだ、と気持ちが
強くなる。
他人と比較するのではなく、あくまでも自分自身の中の出来事だけれど、励まし、前に進み、
目標タイムをクリアできた時の喜び。1度味わってみると、次も頑張ってみようかと思えるし、
結果を支えるのは、練習だからと、細々とではあるけれど、続いている。
[PR]
by rioka2929 | 2010-01-18 12:29 | 日々。徒然。出来事。気持ち。