本日も東西南北☆縦走中


by rioka2929
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

天邪鬼な性格。

b0168142_221042.jpg写真がどちらかと言えば、苦手だ。
撮る方も撮られる方も・・・。
幼少期のトラウマ・・・?

父の若い頃の趣味は、ライカ。
何台も所有しているはず。今から思えば、
お小遣いを遣り繰りして、購入していたに
違いないけれど、無言の母の影響もあり、
子供心に、
なぜ、同じようなカメラが複数必要なのか?
中古なのに高いのか?
と疑問に思っていて、カメラの良さまで
分からなかったことが、1つ。

また、出掛ける時には、必ずカメラを携えて
いた父。
観光地の撮影スポットは、大勢の人達が
順番に撮影をしていたり、前を横切るのを
控えていたりするにも関わらず、
そんな場面でも、悠長に明るさを測る機械で測定してから、レンズの焦点を合わせるので、
延々と立たされる羽目に。
正式な名称は知らないけれど、手のひらサイズでダイヤルの付いた測定器。まだ目にくっきりと
浮かぶクリーム色。
オート一眼レフで、さっさと撮ってはくれないかと、心の中で何度つぶやいたことか。
これが一番の原因かも・・・。

こんなことを思い出したのも、お正月に姉夫婦が遊びに来た時に、父が義兄に、「生まれた時から
大学生位までの写真を全てアルバムに整理したのは、私が残せる唯一の物」と誇らしげに
語っていたから。父には、父の気持ちがあるのだ。

最近は、オート一眼のデジタルカメラとPCでの加工技術の進化により、誰でも気軽に素敵な
写真が撮れるようになったと思うけれど、そうなればなったで、手軽さが好きになれない
天邪鬼な性格。1枚に時間を掛けて撮る過程が恋しくなってみたり。
う~ん、それでもやっぱり写真は苦手。

年末に、WAKO Cafeでお茶をしていたら、カシャッというシャッター音が。
こっそり振り向いてみると、アフタヌーンティーのセットを一眼レフで取りまくっているカップルが。
平凡な日常もカラフルに・・・良いですね。
でも、私は、平凡は平凡なまま、無邪気に、お給仕されたお食事を美味しいタイミングで、ぱくっと
食べる人が好き。

写真;Rちゃん。動き回る犬を撮影するのは難しい!
[PR]
by rioka2929 | 2010-01-03 23:34 | 日々。徒然。出来事。気持ち。